2016年08月27日

液晶割れのスマホ(Android)からUSBデバッグでデータを移行する方法について

この半年間程で、(家族分を含め)所有するスマホのうち 6台 が故障してしまいました...。
Xperia Z Ultra SOL24(Black) : 経年劣化(液晶の残像)
Xperia ZL2 SOL25(White) : 経年劣化(バッテリーの寿命)
Xperia Z1 SO-01F(Black) : 落下⇒液晶割れ
Xperia Z Ultra SOL24(White) : 落下⇒液晶割れ
Xperia Z1 SO-01F(White) : 落下⇒液晶割れ
Xperia Z Ultra SOL24(Purple) : 落下⇒液晶割れ
しかし、常にバックアップすることを心がけているため、データ消失という最悪の事態は避けることができていたのですが、最後の端末で新しくプレイし始めたゲームアプリの引き継ぎコードを発行し忘れていました。
どうしても諦めきれなかったため、試行錯誤して解決に至った内容を紹介しておきます。

液晶割れのためタッチパネルが反応しなくても、通常、USB変換ケーブル(USB Aタイプ(オス)⇔USB Micro-Bタイプ(オス))を使用すれば、PC用USBマウスでスマホを操作することができます。
ただ、残念ながら、特定のゲームアプリはマウスクリックに反応しませんでした(=タップとして認識されませんでした)。

そのため、USB変換ケーブル・PC用USBマウスを外し、今度は、USBデータ転送ケーブルを使用してPCとスマホを接続し、USBデバッグを試みました。
スマホ : USBデバッグを有効にする(※一旦、USB変換ケーブル・PC用USBマウスを使用した)
PC : 各端末用ADB(Android Debug Bridge)ドライバ(Xperiaの場合は「PC Companion」に内包される)と「Android Control」をインストールする

しかし、タッチパネルが反応しないために、(スマホ上の)"USBデバッグを許可しますか?"でOKを選択することができず...
USBハブを使用してUSBデータ転送ケーブル、USB変換ケーブル・PC用USBマウスを同時に接続するも両立できず(そもそもPCがスマホを認識できなくなり)...
最終的に、PC用Bluetoothマウスを購入し、USB変換ケーブル・PC用USBマウスの代わりとする(※スマホとPC用Bluetoothマウスのペアリングには、一旦、USB変換ケーブル・PC用USBマウスを使用した)ことで両立でき、USBデバッグを有効化することができました。
あとは、「Android Control」でスマホを操作し、めでたく引き継ぎコードを発行することができました。

【関連する記事】
posted by red at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする