2014年09月30日

Smack4について(追記)

Smackの変更履歴を見ると、あれ以降、頻繁にバージョンアップされていました(最新版は 4.0.4 )。
ただ、Bug、Improvementを確認しましたが、私が実装しているシステムに(良い意味で)影響はないと判断したため、今回はバージョンアップを保留としました。

2016.05.15
Smack 4.1.7(執筆時最新版) のAPI仕様に沿って、サンプルプログラムを最適化しました。

実行環境
Openfire : 4.0.2
Smack : 4.1.7
Java SE : 8u92

【サンプルプログラム】

なお、上記のサンプルプログラムを実行するためには、 smack-core-4.1.7.jar、smack-tcp-4.0.0.jar、xpp3-1.1.4c.jar の他に、 smack-java7-4.1.7.jar、jxmpp-core-0.4.2.jar、jxmpp-util-cache-0.4.2.jar も classpath に含める必要があります。
xpp3-1.1.4c.jar は http://mvnrepository.com/artifact/xpp3/xpp3/1.1.4c から入手する。
jxmpp-core-0.4.2.jar は http://mvnrepository.com/artifact/org.jxmpp から入手する。
jxmpp-util-cache-0.4.2.jar は http://mvnrepository.com/artifact/org.jxmpp から入手する。

2016.05.20
なお、Openfireのバージョンが古い(3.9.3)場合にサンプルプログラムを実行するためには、 smack-sasl-provided-4.1.7.jar も classpath に含める必要がありました。
(エラー("SASL Authentication failed. No known authentication mechanisims.")が発生してしまうため。)

posted by red at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Java | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック