2014年11月04日

2. 同じテーブルに大量のInsert文を発行する処理について

同じテーブルに大量のInsert文を発行する場合は、パフォーマンスアップのため、1個のSQL文に複数個(一時的なメモリ消費量を考慮して100個程度)のInsert文を含めること。

例)
insert into table1 ( column1, column2 ) values ( ?, ? ), ( ?, ? ), ..

参考 : 大量データのInsertの高速化について

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック