2014年11月04日

4. Tomcatの起動中にアプリケーションログファイルを採取することについて

アプリケーションログファイルを採取するため、Tomcatが現在出力中のアプリケーションログファイルを直接zip圧縮したことにより、Tomcatをダウン(=システム停止)させてしまった身近な経験があるため、まず、cpにてコピーすることを習慣とすること。

※ただし、あれから数年が経過した今、改めて検証してみたが、

tar cvfz webapplication.log.tar.gz webapplication.log
gtar cvfz webapplication.log.tar.gz webapplication.log
gzip -c webapplication.log > webapplication.log.gz
gzip webapplication.log (そもそも元ファイルが消えてしまう)

でも再現しなかった。
また、viで上書き保存("WARNING: The file has been changed since reading it!!!" : "y")をしても再現しなかった。
なお、Tomcatではなく独自実装した常駐プロセス(上記のアプリケーションと同じくApache Log4jを利用する)でも同じ結果となった。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック