2014年11月04日

5. HTTP(Hypertext Transfer Protocol)を利用した外部システム連携を行う処理について

HTTP(Hypertext Transfer Protocol)を利用した外部システム連携を行う場合は、HTTP over SSL(Secure Sockets Layer)/TLS(Transport Layer Security)の有無、グローバル領域経由の有無などがパフォーマンスに大きな影響を与えるため、連携データの最大量を想定した上でI/F仕様(1回のHTTP通信で1データ連携 or 1回のHTTP通信で複数データ連携)を決定すること。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック