2014年11月08日

11. 日次、月次のバッチ処理の運用テストについて

日次、月次のバッチ処理の運用テストを実施するにあたり、同じOS内の他プロセスに影響を与えないよう、直接、システム日時を変更できない場合を想定し、システム日時の取得機能を一元化し、バッチ処理のオプションやプロパティファイルにてシステム日時を調整する(+1日、+2日など)機能を含めること。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック