2014年11月08日

12. 日次、月次のバッチ処理の運用テストについて(2)

年次のバッチ処理は
・対象データが大量になり、システム障害の可能性が高くなる。
 また、復旧範囲が広くなる。
・実行回数が少ないため、枯れない。
・(正常に実行されたことを確認するため)実行時に担当者の待機が必要になる。
という理由から、最低でも月次仕様に落とし込む。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック