2014年11月08日

15. 定義ファイル(xml形式など)を解析する処理について(3)

定義ファイル数が多くなる場合は、メモリ圧迫を防止するため、No.13の解析結果と共に 定義ファイルへのアクセス日時(=リクエスト日時) をメモリに保持しておき、最大キャッシュ数をオーバー時に アクセス頻度が低いキャッシュ から削除する処理を含めること。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック