2014年11月08日

20. PostgreSQLで利用する文字型について

PostgreSQLで利用する文字型は、仕様変更(主に桁数変更)によるテーブル定義変更を回避するため、text型で統一すること(char型、varchar型は利用しない)。
なお、PostgreSQL x.x.x文書には "…これら3つの型の間で性能に関する差異はありません。 他の一部のデータベースシステムではcharacter(n)には性能的な優位性がありますが、PostgreSQLではこうした利点はありません。" と記載されており、パフォーマンスに問題はない。
ただし、text型を利用すると、テーブル定義だけでレコード長を算出することができなくなり、桁数制限もアプリケーションのみに委譲することになるため、注意すること。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック