2014年11月08日

21. PostgreSQLのバキューム(vacuum)の阻害について

ロングトランザクションはPostgreSQLのバキューム(vacuum)を阻害することになるため、たとえSelect文のみを発行した場合でも、必ず ロールバック or コミット によりトランザクションを終了させること。
特に、常駐プロセスやDBCP(Database Connection Pool)を利用する場合は、ロングトランザクションを発生させ易いため、注意すること。
(DBCPを利用する場合、connection.close()では実際にコネクションはクローズされないため、トランザクションが残存する。)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック