2014年11月13日

25. HTTPセッション(HttpSession)を利用する処理について(2)

セッションIDをパスに利用した(=ログインユーザに紐付けた)一時ファイルは、HttpSessionBindingListener の valueUnbound() にて後始末(削除)する処理を実装すること。
もしかすると、長時間、(正当に)ログイン継続中かもしれず、シェルスクリプトなどで一時ファイルの更新日時により安易に削除できないため。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック