2014年11月13日

33. 常駐プロセス(非同期処理化/マルチスレッド化)の実装方針について(3)

No.31の"常駐プロセス : "の"2. 上記のジョブが登録されれば、処理用スレッドを生成/起動する。"については、ハードウェア負荷を制限するため(メモリについては OutOfMemoryError を回避するため)、処理用スレッドの最大生成/起動数(=ジョブの同時処理数)を設けること。
また、上記に伴い、ジョブに優先度(緊急度)を設けること。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック