2014年11月13日

36. 常駐プロセス(非同期処理化/マルチスレッド化)の実装方針について(6)

処理用スレッドの処理結果が失敗の場合に(例 : 転送時にエラーが発生した)、もし、常駐プロセス自身にリトライさせたい場合は、他の優先すべきジョブの処理が遅延することを回避するため、(ジョブの)リトライ回数を制限すること、リトライ間隔を制御する(延ばす)こと。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック