2014年11月15日

40. SQL文のCount関数について

パフォーマンスアップのため、SQL文のCount関数には * ではなく (インデックスが作成された)カラム名 を指定すること。

例)
select count(column1) from table1

ただし、上記のカラム値が null のものはカウントされないため、注意すること。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック