2014年11月24日

58. 1リクエスト(1スレッド)で利用する処理日時について(2)

なお、将来的にJavaプロセスを分散化、冗長化することが想定される場合は、そもそも、各機能(プロセス)間の交互処理(バトン渡し)の判断条件に 処理日時(システム日時) を利用しないこと。
筐体が分かれれば、NTP(Network Time Protocol)による時刻同期を頻繁に行ったとしても、システム日時を完全に同期させることはできず、結局、他機能(プロセス)との不整合を発生させてしまう可能性があるため。
参考 : 3. ID(識別子)の生成にエポックタイムを利用する処理について

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック