2014年11月25日

65. ORM(Object-relational mapping)のキャッシュ機能について

ORM(Object-relational mapping)のキャッシュ機能はパフォーマンスアップに有効ではあるが、(キャッシュ機能の)存在を意識できていなければ、(レコードをポーリングする場合など)SQL文の検索結果がいつまでも変わらないことで目的を果たせなくなる(=不具合となる)ため、注意すること。

※私はこれまで 独自ORM、MyBatis(iBatis)、Hibernate の導入実績があるが、短期でアサインする開発者の敷居を上げたくない(前提知識を増やしたくない)ため、現在は利用しない方針としている。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック