2014年12月28日

71. HTTPリファラ(referer)の利用について

遷移元により何らかの制御を行う場合、HTTPリファラ(referer)を利用することができるが、セキュリティソフトやWebブラウザがHTTPリファラを送信しない場合など、諸々、参照できないケースがあることを想定した機能仕様とすること。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック