2014年12月28日

74. ビジネスロジックのWebサービス(JSON-RPC)化について(2)

参照系のビジネスロジックの場合、取得する対象データを範囲指定(開始インデックス番号&件数)するオプションを必ず含めること。
1回で取得する対象データが多くなるにつれ、サーバ・クライアント共に瞬間的なメモリ不足、パフォーマンスダウンなどの問題が発生してしまうため。
ただし、対象データを複数回で取得する場合、抜け、漏れ、ダブりが生じることを想定した機能仕様とすること。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック