2014年12月28日

75. Webサービス(JSON-RPC)の認証・認可について

Webサービス(JSON-RPC)の認証・認可については、基底クラスの初期処理で左記の処理を一元化する方針とすること。
また、認証・認可を必要としないWebサービスの場合には、別途定義した(仮称)AnonymousServiceインターフェース(実装なし)を該当するWebサービスクラスにimplementsさせる方針とすること。

例)
初期処理内:
if (this instanceof AnonymousService) {
    // 認証・認可処理を実行しない
} else {
    // 認証・認可処理を実行する
}
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック