2015年02月15日

PostgreSQLをインストールする(ソース)

※インターネットに接続できない環境でもインストールできるため、また、複数バージョンを共存できるため、ソースを推奨します。

<検証環境>
OS : CentOS7.0(64bit) ※CentOS6.6以前、PostgreSQL9.3以前も基本、同じ手順となる。
ソフトウェア : サーバー(GUI使用)+開発ツール
PostgreSQL : 9.4.0
備考 :
http://www.postgresql.org/ftp/source/から PostgreSQL(postgresql-9.4.0.tar.gz) を入手する。
http://rpmfind.net/linux/rpm2html/から readline-devel(readline-devel-6.2-9.el7.x86_64.rpm) を入手する。
http://rpmfind.net/linux/rpm2html/から ncurses-devel(ncurses-devel-5.9-13.20130511.el7.x86_64.rpm) を入手する。

# cd /download/
# rpm -ivh ncurses-devel-5.9-13.20130511.el7.x86_64.rpm
# rpm -ivh readline-devel-6.2-9.el7.x86_64.rpm

(ユーザ : postgres94)
$ cd /download/
$ gtar xvfz postgresql-9.4.0.tar.gz
$ cd postgresql-9.4.0
$ ./configure --prefix=/opt/postgres94 --with-pgport=5432
(
複数バージョンを共存させる場合、ポート番号(5432)を変更する。
)
(
readline-devel がインストールされていない場合、エラーが発生する。
"configure: error: readline library not found"
)
$ make
$ sudo make install
$ sudo mkdir -p /data/postgres94
(
データベースは別スライスとする(想定)。
)
$ sudo chown -R postgres94 /data/postgres94
$ sudo chmod 700 /data/postgres94
$ /opt/postgres94/bin/initdb --locale=C --encoding=UTF8 --pgdata=/data/postgres94

posted by red at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | CentOS:ミドルウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック