2015年02月19日

Tomcatを設定する

<検証環境>
OS : CentOS7.0(64bit) ※CentOS6.6以前、Tomcat7以前も基本、同じ手順となる。
ソフトウェア : サーバー(GUI使用)+開発ツール
Tomcat : 8.0.18
備考 :
https://jdbc.postgresql.org/download.htmlから PostgreSQL JDBC Driver(postgresql-9.4-1200.jdbc41.jar) を入手する。

# cd /etc/security/
# cp limits.conf limits.conf.org
# echo -e "\ntomcat8 soft nofile 2048\n" >> limits.conf
# echo -e "\ntomcat8 hard nofile 2048\n" >> limits.conf

(ユーザ : tomcat8)
$ cd /download/
$ cp postgresql-9.4-1200.jdbc41.jar /opt/tomcat8/lib/
$ cp setenv.sh /opt/tomcat8/bin/

setenv.sh

※ -Xms768m -Xmx768m は、Tomcatへのメモリ配分に合わせて、適宜変更する。

なお、 catalina.out は肥大化するため、出力させないようにします。
(そもそも catalina.yyyy-MM-dd.log に同じ内容が出力されます。)

また、ログに関する覚え書きです。
・Webアプリケーション起動時のエラー内容は catalina.yyyy-MM-dd.log に出力される。
・JSPコンパイル時のエラー内容は localhost.yyyy-MM-dd.log に出力される。
・アクセスログは localhost_access_log.yyyy-MM-dd.txt に出力される。
posted by red at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | CentOS:ミドルウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック