2015年02月19日

TomcatにWebアプリケーションを(手動)デプロイする

<検証環境>
OS : CentOS7.0(64bit) ※CentOS6.6以前、Tomcat7以前も基本、同じ手順となる。
ソフトウェア : サーバー(GUI使用)+開発ツール
Tomcat : 8.0.18

(ユーザ : tomcat8)
$ mkdir -p /opt/tomcat8/conf/Catalina/localhost
$ cp /download/webapp1.xml /opt/tomcat8/conf/Catalina/localhost
$ sudo mkdir -p /application/webapp1
(
アプリケーションは別スライスとする(想定)。
)
$ sudo chown -R tomcat8 /application/webapp1
$ sudo chmod 700 /application/webapp1
$ cd /application/webapp1
$ rm -rf *
$ jar xvf /download/webapp1.war
$ rm -rf /opt/tomcat8/work/*

webapp1.xml

※ maxActive="100"、maxIdle="100"、minIdle="100"、initialSize="100" は、PostgreSQLの max_connections に合わせて、適宜変更する。

2016.11.19 追記
Tomcat8では
maxActive ⇒ maxTotal
maxWait ⇒ maxWaitMillis
にプロパティ名が変更されました。
もし、変更しない場合、catalina.yyyy-MM-dd.logに
「org.apache.tomcat.dbcp.dbcp2.BasicDataSourceFactory.getObjectInstance Name = webapp1 Property maxActive is not used in DBCP2, use maxTotal instead. maxTotal default value is 8. You have set value of "100" for "maxActive" property, which is being ignored.」
「org.apache.tomcat.dbcp.dbcp2.BasicDataSourceFactory.getObjectInstance Name = webapp1 Property maxWait is not used in DBCP2 , use maxWaitMillis instead. maxWaitMillis default value is -1. You have set value of "3000" for "maxWait" property, which is being ignored.」
が出力されます。

webapp1.war
・WEB-INF/web.xml
のみ(最少構成)

web.xml


また、デフォルトの context.xml、web.xml を載せておきます。

(tomcat8.0.12)context.xml


(tomcat8.0.12)web.xml


あと、疎通テスト用の sample.jsp を載せておきます。

sample.jsp

posted by red at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | CentOS:ミドルウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック