2015年02月19日

Tomcatを自動起動設定する(chkconfig)

<検証環境>
OS : CentOS7.0(64bit) ※CentOS6.6以前、Tomcat7以前も基本、同じ手順となる。
ソフトウェア : サーバー(GUI使用)+開発ツール
Tomcat : 8.0.18

(ユーザ : tomcat8)
$ cd /etc/rc.d/init.d/
$ sudo cp /download/tomcat8 ./
$ sudo chmod 755 tomcat8
$ sudo chkconfig --add tomcat8

[起動]
# /etc/rc.d/init.d/tomcat8 start

[停止]
# /etc/rc.d/init.d/tomcat8 stop

[自動起動設定]
# chkconfig tomcat8 on
# chkconfig tomcat8 off
# chkconfig --list tomcat8

tomcat8

2016.10.22 追記
jsvc(Commons Daemon)は利用していません。
上記の起動スクリプトで長年不自由はなく、死活監視→自動復旧+SNMPトラップ通知スクリプトも実装済みのためです。

posted by red at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | CentOS:ミドルウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック