2015年02月19日

Tomcatをチューニングする(ソース)

<検証環境>
OS : CentOS7.0(64bit) ※CentOS6.6以前、Tomcat7以前も基本、同じ手順となる。
ソフトウェア : サーバー(GUI使用)+開発ツール
Tomcat : 8.0.18(AJP/1.3)

(/opt/tomcat8/conf/) server.xml を編集します。

プロパティ名プロパティ値デフォルト値説明
enableLookupsfalsefalse
(Tomcat5.5/Tomcat5は true )
Set to true if you want calls to request.getRemoteHost() to perform DNS lookups in order to return the actual host name of the remote client..
acceptCount
(Tomcat6/Tomcat5.5のReferenceには記載なし)
100※100
(Tomcat5.5/Tomcat5は 10 )
The maximum queue length for incoming connection requests when all possible request processing threads are in use..
connectionTimeout3000-1The number of milliseconds this Connector will wait, after accepting a connection, for the request URI line to be presented..
keepAliveTimeout
(Tomcat6/Tomcat5.5のReferenceには記載なし)
0(connectionTimeout)The number of milliseconds this Connector will wait for another AJP request before closing the connection..
maxThreads100※200The maximum number of request processing threads to be created by this Connector, which therefore determines the maximum number of simultaneous requests that can be handled..
minSpareThreads
(Tomcat6のReferenceには記載なし)
100※10
(Tomcat5.5/Tomcat5は 4 )
The minimum number of threads always kept running..
※ maxThreads="100"、minSpareThreads="100"、acceptCount="100" は、Tomcat(DBCP)の maxActive に合わせて、適宜変更する。

なお、静的コンテンツ(htmlなど)はApacheにデプロイすることを想定しています。

また、 HTTP/1.1コネクタ(ポート番号:8080) は基本、利用しませんが、 AJP/1.3コネクタ(ポート番号:8009) を経由してアクセスできなくなった場合(=トラブル時)に備えて、定義はそのまま残しておくことにします。
必要に応じて、ファイアウォールなどでアクセス制限を行うことにします( シャットダウンポート(ポート番号:8005) も含めて)。
posted by red at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | CentOS:ミドルウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック