2015年03月26日

Apache/Tomcatを設定する(WebSocket)

<検証環境>
OS : CentOS7.0(64bit) ※CentOS6.6以前、Apache2.2以前も基本、同じ手順となる。
ソフトウェア : サーバー(GUI使用)+開発ツール
Apache : 2.4.12

(ユーザ : apache)
$ cd /opt/httpd/conf/
$ vi httpd.conf
-----
プロパティ名プロパティ値デフォルト値説明
#LoadModule proxy_wstunnel_module modules/mod_proxy_wstunnel.so をアンコメントする。
-----
$ cd /opt/httpd/conf/extra/
$ vi proxy-ajp.conf
-----
ProxyPass /webapp1/webSocket ws://localhost:8080/webapp1/webSocket
ProxyPassReverse /webapp1/webSocket ws://localhost:8080/webapp1/webSocket
-----
※ ProxyPass /webapp1/ ajp://localhost:8009/webapp1/ より前に追記する。

また、静的コンテンツ(htmlなど)はApacheにデプロイするhttp:// と ws:// は同時に利用することがない 想定のため、
DBCPコネクション数( webapp1.xml の maxActive、maxIdle、minIdle、initialSize )
DBコネクション数( postgresql.conf の max_connections )
スレッド数( server.xml の maxThreads、minSpareThreads、acceptCount )
はそのままとし(半減しない)、WebSocketが利用する HTTP/1.1コネクタ(ポート番号:8080) にも AJP/1.3コネクタ(ポート番号:8009) の設定内容(チューニング含む)を適用します。
posted by red at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | CentOS:ミドルウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック