2015年10月25日

crontabにて実行した(shに内包した)Javaプログラムの標準出力が文字化けすることを防ぐ方法について

crontabにて実行した(shに内包した)Javaプログラムの標準出力が文字化けすることを防ぐため、実行コマンド部に "export LANG=ja_JP.UTF-8;" を含めます。
※ "ja_JP.UTF-8" は任意のものです。

例)
0-59 * * * * export LANG=ja_JP.UTF-8; /bin/sh /xxxxx/xxxxx.sh > /dev/null 2>&1
posted by red at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | CentOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック