2016年04月01日

Apacheをアップデートする(yum)

# httpd -v
# /etc/init.d/httpd stop
# cp -r /etc/httpd /etc/httpd.2.x.x
# cp -r /var/www /var/www.2.x.x
(# rpm -ivh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/i386/epel-release-6-8.noarch.rpm)
# rpm -ivh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
(# rpm -ivh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/7/x86_64/e/epel-release-7-5.noarch.rpm)
# vi /etc/yum.repos.d/centos.alt.ru.repo
-----
[CentALT]
name=CentALT Packages for Enterprise Linux 6 - $basearch
baseurl=http://mirror.sysadminguide.net/centalt/repository/centos/6/$basearch/
baseurl=http://centos.alt.ru/repository/centos/6/$basearch/
enabled=0
gpgcheck=0
-----
# cp /etc/yum.repos.d/epel.repo /etc/yum.repos.d/epel.repo.org
# vi /etc/yum.repos.d/epel.repo
-----
[epel]
name=Extra Packages for Enterprise Linux 6 - $basearch
#baseurl=http://download.fedoraproject.org/pub/epel/6/$basearch
mirrorlist=https://mirrors.fedoraproject.org/metalink?repo=epel-6&arch=$basearch
-----

-----
[epel]
name=Extra Packages for Enterprise Linux 6 - $basearch
baseurl=http://download.fedoraproject.org/pub/epel/6/$basearch
#mirrorlist=https://mirrors.fedoraproject.org/metalink?repo=epel-6&arch=$basearch
-----
# yum --enablerepo=CentALT --skip-broken install httpd
# /etc/init.d/httpd start
# httpd -v
※改めてカスタマイズ内容(httpd.confなど)を適用する
2016.04.30 追記 (=各rpmnewファイルとの比較を適用すること)

2016.05.03 追記
# yum --enablerepo=CentALT --skip-broken install httpd
実行時にエラーが発生した場合
-----
{中略}
パッケージは依存関係に問題があるため、飛ばします:
{中略}
-----

# yum --enablerepo=CentALT install httpd
実行時にエラーが発生した場合
-----
{中略}
--> 依存性解決を終了しました。
エラー: パッケージ: {省略}
{中略}
 問題を回避するために --skip-broken を用いることができません
 これらを試行できます: rpm -Va --nofiles --nodigest
-----
は、一旦、標準リポジトリでアップデート(⇒バーションそのまま)してからお試し下さい。
# yum clean all
# yum update httpd
# yum --enablerepo=CentALT --skip-broken install httpd

posted by red at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | CentOS:ミドルウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック