2016年05月15日

Openfireをインストールする

<検証環境>
OS : CentOS7(64bit)
ソフトウェア : サーバー(GUI使用)+開発ツール
Java SE : 8u92
Openfire : 4.0.2(32bit)
PostgreSQL : 9.5.2
(readline-devel : 6.2-9)
(ncurses-devel : 5.9-13.20130511)
(zlib-devel : 1.2.7-15)
備考 :
http://www.igniterealtime.org/downloads/ から Openfire(openfire-4.0.2-1.i386.rpm) を入手する。
なお、JDK、PostgreSQLは既にインストール済み、ファイルディスクリプタ数は既に設定(増加)済み、Openfire用DBユーザ・DBは既に作成済み、であることを前提とする。
参考 : Tomcatをインストールする(ソース)
参考 : PostgreSQLをインストールする(ソース)
参考 : PostgreSQLを起動/停止する
参考 : PostgreSQLの基本的なコマンドについて
参考 : (特定プロセスが利用可能な)ファイルディスクリプタ数を設定する
参考 : sudoコマンド(sudo -i)でrootユーザになる

# cd /download/
# rpm -ivh ./openfire-4.0.2-1.i386.rpm

posted by red at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | CentOS:ミドルウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック