2016年05月15日

Openfireを起動/停止する

<検証環境>
OS : CentOS7(64bit)
ソフトウェア : サーバー(GUI使用)+開発ツール
Java SE : 8u92
Openfire : 4.0.2(32bit)
PostgreSQL : 9.5.2
(readline-devel : 6.2-9)
(ncurses-devel : 5.9-13.20130511)
(zlib-devel : 1.2.7-15)

[起動]
# systemctl start openfire

※もし、エラー( Job for openfire.service failed because a configured resource limit was exceeded. See "systemctl status openfire.service" and "journalctl -xe" for details. )が発生した場合は、
# cp /etc/sysconfig/openfire /etc/sysconfig/openfire.org
# vi /etc/sysconfig/openfire
-----
JAVA_HOME=/opt/java8
-----
を実行します。

※他筐体からOpenfireにアクセスできない場合は、ファイアウォールを無効にします。
# systemctl stop firewalld.service
# systemctl disable firewalld.service

[停止]
# systemctl stop openfire

posted by red at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | CentOS:ミドルウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック