2016年06月12日

Connection Manager Moduleをインストールする

<検証環境>
OS : CentOS7(64bit)
ソフトウェア : サーバー(GUI使用)+開発ツール
Java SE : 8u92
Connection Manager Module : 3.6.3
備考 :
http://www.igniterealtime.org/projects/openfire/connection_manager.jsp から Connection Manager Module(connection_manager_3_6_3.tar.gz) を入手する。
なお、JDKは既にインストール済み、ファイルディスクリプタ数は既に設定(増加)済みであることを前提とする。
また、スケールアウト元の筐体に、Openfireは既にインストール済みであることを前提とする。
参考 : Openfireをインストールする

# cd /download/
# gtar xvfz ./connection_manager_3_6_3.tar.gz
# mv ./connection_manager/ /opt/connection_manager/
# cp /opt/connection_manager/conf/manager.xml /opt/connection_manager/conf/manager.xml.org
# vi /opt/connection_manager/conf/manager.xml
-----
<domain>openfireserver</domain>
<hostname>openfireserverhostname</hostname>
<password>openfireserverpassword</password>
-----
# echo -e "\nexport JAVA_HOME=/opt/java8\n" >> ~/.bash_profile
# echo -e "\nexport CMANAGER_HOME=/opt/connection_manager\n" >> ~/.bash_profile
(
※ cmanager.sh が /opt/connection_manager を自動認識しなかったため。
)
# source ~/.bash_profile
(
# /bin/sh /opt/connection_manager/bin/cmanager.sh
)
# /bin/sh /opt/connection_manager/bin/extra/redhat-postinstall.sh
# chkconfig cmanagerd off
# chmod 744 /opt/connection_manager/bin/cmanager.sh

posted by red at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | CentOS:ミドルウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック