2016年06月18日

Openfireをバージョンアップする

<検証環境>
OS : CentOS7(64bit)
ソフトウェア : サーバー(GUI使用)+開発ツール
Java SE : 8u92
Openfire : 4.0.1(32bit)⇒4.0.2(32bit)
PostgreSQL : 9.5.2
(readline-devel : 6.2-9)
(ncurses-devel : 5.9-13.20130511)
(zlib-devel : 1.2.7-15)

(既にインストールされたパッケージ一覧)
# rpm -qa | grep openfire

(既にインストールされた特定パッケージ情報)
# rpm -qi openfire

(既にインストールされた特定パッケージにて配置されたファイル一覧)
# rpm -ql openfire

(既にインストールされた特定パッケージが依存するファイル一覧)
# rpm -qR openfire

(これからアップデートする特定パッケージ情報)
# rpm -qip /download/openfire-4.0.2-1.i386.rpm

(これからアップデートする特定パッケージにて配置されるファイル一覧)
# rpm -qlp /download/openfire-4.0.2-1.i386.rpm

(これからアップデートする特定パッケージが依存するファイル一覧)
# rpm -qRp /download/openfire-4.0.2-1.i386.rpm

# cp /opt/openfire/conf/openfire.xml /opt/openfire/conf/openfire.xml.org
# cp /opt/openfire/conf/security.xml /opt/openfire/conf/security.xml.org
# cp /opt/openfire/resources/security/keystore /opt/openfire/resources/security/keystore.org
# cp /opt/openfire/resources/security/truststore /opt/openfire/resources/security/truststore.org

(アップデートテスト)
# rpm -Fvh --test /download/openfire-4.0.2-1.i386.rpm

(アップデート)
# rpm -Fvh /download/openfire-4.0.2-1.i386.rpm

※おまけ
(アンインストール)
# rpm -e openfire


2016.06.19 追記
仮にOpenfireを 3.9.x から 4.0.x にアップデートする場合、Openfire用DBの定義にどのような差異があるかを確認してみました。
その結果、[ofuser]テーブルに
storedkey character varying(32)
serverkey character varying(32)
salt character varying(32)
iterations integer
が追加されていただけでした。
とは言いましても、Openfire用DBをそのまま利用することはできません(未検証)ので、User情報だけは([Administration Console]を利用して)手動で移行するほうが確実かもしれません。

posted by red at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | CentOS:ミドルウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック