2017年05月01日

everRun Enterpriseの構成(例)について

everRun Enterpriseの構成について、特に、NICポートとIPアドレスの関係が理解し辛かったため、図にしました。

everRun.jpg

メモ :

HAクラスタと比較した場合のeverRun Enterprise(FTモード)の
メリットは
 ・メモリの情報が失われない
 ・サービス停止が発生しない
 ・処理中のトランザクションが失われない
 ・クライアントからのセッションが切れない
デメリットは
 ・(メモリの冗長化まで行っているため)オーバヘッド(=VM毎にバックグラウウドで稼働するプロセスに割付けるvCPUとメモリ)が発生する
である。

iRMCはBMC(Baseboard Management Controller)とIPMI(Intelligent Platform Management Interface)に準拠し、
 ・ハードウェア情報の確認、消費電力量の確認、メール通知機能
 ・電源・電力制御機能
を提供する。

posted by red at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | CentOS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする